「ヤマロク醤油」の大杉樽

2013年3月28日

Photo:Nipponia Nippon

創業150年を数える、
「ヤマロク醤油」さんが、
こだわり続けてきた「杉樽」。

醤油づくりの過程で、
「もろみ」をゆっくり寝かすところ―、
それはまさに、
やさしい“ゆりかご”。

その“ゆりかご”の中で、酵母菌や乳酸菌が、
すくすく、育てられ、

そうして、はじめて「ヤマロク醤油」さんの、
美味しい醤油が、できあがるんですね。

この「大杉樽」があっての、
あの滋味の豊かさ―、
うん、なっとく。