明治13年(1880年)創業の「金両醤油」は、伝統的な製法を守った醤油づくりを行っています。国産原料にこだわり、創業当時から使い続けている杉桶で2〜3年かけて「もろみ」を天然熟成させていきます。代々受け継がれてきた昔ながらの製法で、長い年月と手間ひまをかけることで、まろやかで旨みがたっぷり詰まったお醤油が出来上がるのです。

「金両醤油」のルーツは廻船問屋

「金両醤油」は、明治13年に廻船問屋を営んでいた藤井家当主11代目藤井吉蔵(金両醤油初代)が醤油業を始めたことからスタートします。2代目は製造だけではなく販売にも力を入れ、大阪難波で醤油の直売所を開き、3代目はもろみを追究し、4代目は人気No.1商品の「だし醤油」を生み出しました。

5代目女性当主は食のマイスター

5代目当主である藤井寿美子社長は、栄養士、ジュニア野菜ソムリエ、調味料ジュニアマイスターという資格も持つ、食のスペシャリスト。代々続く「金両醤油」の社長として歴史の味を大切にしながら、食のマイスターそして主婦という立場から、お醤油を使った新しい食の提案をしてくれています。

重要文化財登録の醤油蔵

「金両醤油」の醤油蔵は有形文化財に指定されています。この蔵の梁にびっしり付着している酵母菌は、100年以上も前から蔵に住み続けており、お醤油の元となる原材料を結び付け、金両醤油という新しい命を育んでいる「母なる酵母菌」なのです。 ※醤油蔵は見学可能

金両醤油の基本情報

2017年8月25日 公開

住所 〒761-4426
香川県小豆郡小豆島町馬木甲842-1

アクセス 坂手港・草壁港から車で8分

営業時間 9:00〜17:15
(連休、夏季〜秋は時間延長)

休み年中無休

お問い合わせTel.0879-82-3333
Fax.0879-82-3399

  • ※掲載されている内容(文字、画像、写真、記事、文章、イラスト)に関する権利は、全て弊社または著作者に帰属します。掲載されている内容の商用および営業目的での使用は禁止いたします。その他免責事項についてはこちらをご確認ください。
  • ※掲載情報の誤りや変更依頼がございましたら、お手数ですがこちらよりご連絡ください。