火手(ほて)と呼ばれる松明をかざし、棚田脇にある畦道を歩き稲につく虫を海へと追い払う。「虫送り」は、江戸時代から行われている、稲につく害虫を退治して豊作を願う行事です。中山地区では約300年前から虫送りが行われていましたが、少子高齢化による後継者不足で、長年この行事が途絶えていました。2010年に映画「八日目の蝉」で「虫送り」が再現されたことをきっかけに、2011年から「中山虫送り」は再開されるようになりました。

幻想的な伝統行事

「中山虫送り」のスタートは、小豆島霊場第44番札所である湯船山での神事から始まります。祈祷が終わった後、護摩木の火を篝火に移し、参加者が順にその火を火手(ほて)に灯し、「とーもせ、ともせ」の声ともに標高差約100mの棚田を下っていく。夕暮れ時、一列に畦道をゆく人々が手にした松明の灯りが、オレンジ色の川のように見える。とても幻想的な光景です。

雑節「半夏生」って?

当初「中山虫送り」が行われていたのは、夏至から11日目の「半夏生」の日。この半夏生(はんげしょう)は、季節の移り変わりをつかむために設けられた暦日「雑節」のひとつです。田植えを終える目安となる大切な日であり、田植えを無事に終え、虫よけと豊作を祈願して「虫送り」が行われるようになったといいます。

中山虫送りは誰でも参加可能!

長きにわたり続いていた「中山虫送り」ですが、少子高齢化により一度、行事が途絶えてしまいました。2010年に映画「八日目の蝉」の撮影で再現されたことをきっかけに、2011年より復活。誰もが参加できる伝統行事として、人気を博しています。ただし、火手(ほて)の数に限りがあるので、申し込みはお早めに。

中山虫送りの基本情報

2015年1月22日 公開

場所 香川県小豆郡小豆島町中山地区中山千枚田(小豆島霊場第44番札所湯船山〜中山春日神社)

日程 7月上旬
18:30より湯船山にて祈祷
※当日、先着順で虫送り参加可能(受付17:30〜18:00、集合場所、湯川ダム下公園)

お問い合わせ小豆島町役場商工観光課
TEL : 0879-82-7007

  • ※掲載されている内容(文字、画像、写真、記事、文章、イラスト)に関する権利は、全て弊社または著作者に帰属します。掲載されている内容の商用および営業目的での使用は禁止いたします。その他免責事項についてはこちらをご確認ください。
  • ※掲載情報の誤りや変更依頼がございましたら、お手数ですがこちらよりご連絡ください。

中山虫送りをシェア

コメント

  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して小豆島物語は一切の責任を負いません。

他の夏のイベント

記事はありません

夏のイベントをもっと見る 

小豆島のお祭り・イベント

お祭り・イベントをもっと見る